シミを消すことのできる美白化粧品は?

 

今あるシミをなくすなんてありえないよね?

 

化粧品でシミが消えるなんて無理だよね?

 

 

しかし、ハイドロキノンを含んだ化粧品であれば今あるシミへの美白対策ができます。

 

数え切れないほどある美白化粧品。

 

ビタミンCやプラセンタ、トラネキサム酸など多くの美白成分があってどれが本当にいいのか混乱しがち。

 

その中でも、シミに対して最も効力を発揮するものが「ハイドロキノン」という成分です。

 

効果の無い成分を選んで失敗せずに、本気でシミをなくしたいなら、まずはハイドロキノンを試してみましょう。

 

7日間のトライアルセットが今だけの1800円で試せるチャンス!

オススメのハイドロキノン化粧品はコチラ

 

 

注意!!

 

その美白化粧品、今あるシミをなくす効果がありません。

 

ビーグレン

顔の表面に出てきてしまったシミ。特に、子供の頃から紫外線をいっぱい浴び続けていると、早ければ20代でも現れてしまいます。

 

イメージやキレイな女優さんたちの素肌を見て、「シミが消えてキレイになれるかも!」という何となくの気持ちで選んでいませんか?

 

実はその選び方はNG。残念ながら、多くの美白化粧品が出来てしまったシミをなくす効果がありません。

 

ほとんどの化粧品は、シミを予防する目的で作られているのです。

 

今あるシミがこれ以上広がらないように。あるいは濃くならないようにするのにはいいのですが、出来れば今あるシミをなくしたいですよね?

 

出来てしまったシミを消すには強い美白力が必要

 

まだ目立たないシミであれ、長い間放置していたシミであれ、それらを消すには強い美白力が必要です。

 

ハイドロキノン化粧品・ビーグレンホワイトクリームを使った人の体験談

 

シミが消える化粧品

 

上の左の写真は、シミに効果のあった化粧品(美容液)を使用する前。

 

右側の写真は1ヶ月半ほど使用した後の写真になります。

 

私のシミは濃い茶色で、少しでも色素を薄く小さくしたいと思っていたのですが、使用後にはシミの範囲が狭まり、色の濃さも薄くなっているのを実感することができました。

 

 

ただし、簡単に「シミが消えるかも!?」と思ってやみくもに美白化粧品に手を出すと、私と同じように失敗の連続・・という経験をするかもしれないので注意しましょう!(汗)
(※予防効果のあるものはたくさんあります。今あるシミをどうにか消したい!という人はちょっと考えた方がいいという意味です)

 

 

失敗を繰り返してきたのには自信があります。

 

そんな私の情報を見て、最短距離でシミケアアイテムを選ぶのにお役立てください!

 

 

ちょっと待った方がいいかも!?効果が微妙なシミが消えない美白化粧品

 

美白化粧品はすごい数が出ていて、どれがシミ消しに効果あるのだろう?
と悩んでいる女性も多いと思います。

 

そんなときは、数多くの失敗をしてきた女性の意見を聞きましょう。

 

以下のような美白化粧品は、今あるシミを消すことにあまり効果が見込めませんので、注意してください。
美白作用が弱すぎるのです。
※ただし、予防には効果あると思います。

 

  • ビタミンC化粧品
  • コウジ酸コスメ
  • 美白とはシミを予防することです。と書いてある化粧品

 

これらの化粧品は、美白作用が弱いので、シミを消すことにはほとんど関係が無いと思います。
「ケ○ミンクリーム」も気になって使ってみましたが、ほぼ改善効果はありませんでした。
「ケ○ミンクリーム」って、ビタミンC配合のクリームなので、今あるシミを消すのは難しいのですね。
ゆっくりと効果は出ているのかもしれませんが、シミがキレイになくなる!というのは2年後くらいかもしれません。

 

 

じゃあどんな化粧品がシミ消しに有効なのか?ないの??
という思いを持つと思いますが、ちゃんと効果のある成分はあります。

 

 

 

ビーグレン

 

私がシミを消すのに役立てたコスメは、ビーグレンという化粧品です。
ハイドロキノンが配合されている化粧品なので、今あるシミを消すのにはもっとも効果の高いアイテムです。

 

 

お肌の性質って人によってとにかくバラバラなので、実際にテストするのが大事ですね。
わたし自身は効果を感じられたので、一度は試してみるのをオススメします。

 

 

ビーグレンビーグレンの公式ページはコチラ

 

ビーグレン返金保証のあるビーグレントライアルを購入するにはコチラ

 

 

 

シミに悩んでいるなら、ハイドロキノンしか効果ないですよ?

 

ビーグレン

これは、わたしの会社の後輩から言われた言葉です。

ハイドロキノンしか効果がないということを、コスメティックマニアの彼女は教えてくれました。

 

 

シミに効きそうな化粧品はいくつもあって、私はいろいろ試していました。
「これがいいかな?あれがいいかな?」という思いでいろいろ買いあさっていましたが、やっぱりそうなのか・・・と、ハッとしました。
ちょっと生意気な後輩ですが、情報通で頭がいいのは確かなので、信用することにしました。

 

この一言で、始めたのがハイドロキノン化粧品なのです。

 

結果は、今だから言えますがシミを薄くすることができたので、本当に後輩には感謝しています。
やっぱり身近な人にサクッと言われると試したくなるものですね。

 

 

※以下は、疑問点に回答する形で記載していきますね。

ハイドロキノンと他の美白成分って何が違うの?

 

 

ビーグレン

ハイドロキノンは、同じシミ対策にいいと言われている成分のビタミンC(アスコルビン酸)、アルブチン、コウジ酸、エラグ酸などの約60〜100倍の美白作用があるとのことです。←※調べました。

美白という部分では一緒だけど、その効果に対しては圧倒的に差があるということですね。

 

このハイドロキノンでシミへの効果が感じられないなら、美容外科か皮膚科に行きレーザーもしくはフォトフェイシャルという方法しかありません。
わたしだけでなく、実際にハイドロキノンで効果を感じている女性が本当に多いので、期待して使ってみるのがいいと思います。

 

 

どのくらいの時間でシミって消えますか?

 

ビーグレンシミ消しまでに要した時間に答えます。

ハイドロキノン化粧品を使いだしてからの期間は、完全に消えるのには2ヶ月ちょっとかかりました。
それでも、目覚ましい変化だったので驚いてます。
はっきりとシミと分かる1cm弱くらいのサイズでした。

 

アラフォーでターンオーバーが遅くなっている状態でもこれなので、私より若い女性だったらもっと早く効果が出るんじゃないかな?
と勝手に推測しています。

 

小さいシミやもっと薄いシミならば、もっと早めに効果は出るかもしれませんね。

 

逆にもう少し年齢を重ねている女性は、私よりも時間がかかるのかも。

 

実際のところ
最初に、小さな効果を感じたのは、10日後です。

 

少しシミの茶色っぽいのが薄くなったように感じた・・・というのが変化でした。
なので、これはいいかも!という思いで続けることへの思いが強くなりました。

 

人によって差があるとは思いますが、ぜひ試してみるといいと思います。

 

上でも紹介しましたが、私のように1ヶ月半ほど使い続けることでシミが目立たなくなるという事例もありますので、スキンケアでシミを何とかしたい!と考えている女性は、「ビーグレン」一度試してみる価値はありますよ!

 

点在しているシミにも効果はあるのかな?

 

ビーグレンシミが一か所だけでなく、バラバラに分散して細かくある場合のシミにも、ハイドロキノンは効果が高いです。

 

私の例ですが、濃いシミの他に、目の下、鼻の横ら辺に小さいシミがあったのですが、今では目立たなくなっています。
濃いシミを重点的にケアしていたので、細かいシミにはあまり意識が向いてなかったのですが、それでも薄くなったのを実感しています。

 

肝斑(かんぱん)に悩んでいる女性たちにも支持率の高いハイドロキノンなので、一度試してみるのがいいですよ。

 

 

美白化粧品を散々試してきましたが、シミが増える一方です。

ビーグレン

 

私もその一人です(笑)
美白化粧品は、
シミを予防するタイプのもの
と、
今あるシミを消すタイプのもの
に分かれますが、今あるシミを消すタイプのものはあまりないです。

 

今あるシミを消すタイプのものを探しているのなら、ハイドロキノン化粧品を試してみることで、いい結果が出るかもしれません。
まだ1度も使ったことがないのなら試してみる価値のあるスキンケアアイテムです。
予防するタイプも大事ですが、効果をやっぱり感じたいですからね。

 

 

なんでハイドロキノンをそんなに押すのですか?

ビーグレン

わたしは、ハイドロキノン化粧品で目覚ましい効果を感じられたからです。
わたし自身がシミに悩んでいたのですが、数多くの美白アイテムの中で最も効果が高い化粧品だと実感しています。

 

本当に効果を実感できなければ、なかなか人にオススメするのはためらわれますからね・・・

 

けっこう濃いシミが薄くなったので、多くの女性で効果を感じられる可能性がありますよ。

 

 

 

ハイドロキノンは敏感肌でも大丈夫でしょうか?

 

ビーグレン

ハイドロキノンに対して警戒感が強い理由のひとつに、海外製の刺激の強いハイドロキノンクリームを使って失敗している人が多いということが理由として挙げられます。

 

日本だとお医者さんの認可なしに購入ができないものですね。

 

その関係から、敏感肌の人が、よく「ハイドロキノンは刺激が強くて・・・」という心配をしていることが多いです。

 

このページでもオススメしているハイドロキノン化粧品は、それらの刺激の強いタイプと比べてハイドロキノンの濃度は薄くなっていますから、そこまで警戒することなく使ってみることをオススメします。

 

トライアルセットなどでまずは少量使うなどで、合うか合わないか?刺激が出るかでないか?という点をチェックしてみるのがいいでしょう。

 

 

サプリメントなどの併用はどうでしょうか?

 

ビーグレン

シミに効くサプリや医薬品として売られているのをよく見ますよね。

ハイチオールCなんかも有名です。
L-システインやビタミンCが肌のターンオーバーを促進して、シミをなくしてくれるのだとか・・。

 

ただ、今あるシミについては相当根気よく続けないとなくなっていかないのでは?
という結論です。
内側からのケアは大事なので続けていくのは悪くないと思いますが、外側から直接処置をする意味でも化粧品でのケアはやっぱり大事なはずです。
ちなみに私は、半年程度続けていたのですが、大きな変化はありませんでした。

 

ハイドロキノン化粧品を使っていた時も、特にシミの医薬品などを飲んでいたわけではありません。
なので効果のほどはわかりませんが、飲まないよりは飲んだ方がいいという回答になりますね。

 

 

ハイドロキノン化粧品はどんなものがあるのでしょうか?

 

ビーグレン

ハイドロキノン化粧品は、ビーグレンやアンプルール、ロート製薬のオバジなどが知られています。

これらも、ハイドロキノンがちゃんと効くような措置が取られている化粧品なので効果は高いはずです。

 

ビーグレンについてはハイドロキノンの濃度が高くて浸透型技術の「QuSome」という処方を採用しています。
ハイドロキノンは、シミへの効果が高い反面、壊れてしまいやすい成分なので、浸透力が大事のようです。
しっかりシミの部位に「届かせる」ということが大事のようですね。
実際のところ、ビーグレンで顔のシミを消すことができました。
目の横のシミや、頬にあった茶色いシミがほぼ目立たない形で無くなりました。

 

 

 

ポイントはハイドロキノンはとても効果は高いけど、壊れやすい成分でもあるという点です。

 

そのため、ハイドロキノンが壊れずにキチンと肌奥に浸透し、効果を発揮できるような作り方をされている化粧品を選ぶことが重要です。

 

説明しているページやパッケージにそういった記載がないハイドロキノン化粧品はあまり選ばない方がいいかもしれません。

 

その注意点を踏まえて、これだ!と思ったらどれか一つを続けてみるのが、シミをなくす近道だと思いますよ。

 

 

100%シミが消えるのでしょうか?

 

このページを書いているわたし自身の経験にすぎないなので、100%とは保証できないです。

 

どんな化粧品でも、合う合わないはありますよね・・・。
夢のようなものがあればいいですが、人間のタイプはいろいろなので、難しいのが現実だと思います。

 

口コミを見ても、効果のある人、ない人がいるのが分かるかと思います。

 

結局は、自分のお肌に使ってみて経過を観察していくしか打開策はないんですよね。

 

100%ではありませんが、

 

シミが消える化粧品を探している。

 

という目的であれば、ハイドロキノン化粧品はその目的を達するのに一番近い化粧品だと思います。

 

 

 

ビーグレンここまで読んでいただきありがとうございました。

まずは、私のような失敗者の意見を基に同じ失敗を繰り返さないことが大事ですね。

 

一度、いい化粧品かも!?と思っても、どっちにしろ使わないといけないのですが、トライアルセットが安いうちに試してみるのがいいです。

 

 

ビーグレン

 

もし、ハイドロキノン化粧品を使ってみよう!
と思ったら、ビーグレンを試してみるのがオススメです。
ハイドロキノン化粧品の中では、浸透力に優れている化粧品なので効果が出やすいです。

 

お肌の性質って人によってとにかくバラバラなので、実際にテストするのが大事ですね。

 

わたし自身は効果を感じられたので、一度は試してみるのをオススメします。

 

 

ビーグレンビーグレン トライアル詳細はこちら

 

ビーグレン返金保証のあるビーグレントライアルを購入するならこちら